前提の違いがコミュニケーションにも影響する

ご提供中のサービス

相手と私の前提の違い

先日の日曜日

ネイルの施術が終わった後も

諸々の事務仕事や取材依頼いただいてる

コメント返しなどで集中して一気にやってしまいたいと思って

旦那さんに

「今日はネイルの後もやりたいことがあって

思いっきり仕事して帰りたいから遅くなっていい?」

と息子のことなどお願いして快く了承を得たので

夕方あたりから休日の混み合ってるカフェで

何とか席を確保しPCを広げて作業開始!!!!

 

あれもこれもやりたいと思いながら

1つ1つやっていたんですけど19時半頃に着信・・・

 

旦那さん 「ね,まだ帰って来ないの?どこいんの?」と

 

私「今日思いっきり仕事したいから遅くなるって言ったじゃん」

「今カフェで作業してるよ」

 

この会話がそもそもお互いの認識にズレありまくりでした

 

 

私的には21時くらいにを目処に・・と思っていたんですが

19時で,え,遅いの???って感じだったし

カフェで作業中の返しに

「カフェいるならもう帰っておいでよっ」って

は?カフェで遊んでるとでも思った???

 

ここって職種とか,仕事の仕方とかで

認識に結構な大きな違いがあると思ってまして

 

ネイルの施術してる時間だけが仕事ではない

サンプル作ったり

資材準備したり

道具整理したり

ここまでは想像できたとしても

 

ブログ書いたり

構想練ったり

文書考えたり

お客様と連絡やりとりしたり

写真撮ったり

絵描いてみたり

やりたいからやってるんだけど

これだって全部ひっくるめて仕事なんです

私的には仕事と呼んでいる

 

直接にお金が発生することだけじゃないよ

 

仕事とプライベートの線引きって

自分でよほど今日は何もしないと決めない限り

ずっとしてる感覚だから

(定時だから仕事終わり!!!で終わらない)

働き方が違うとこうも受け取り方が違うか!?と

強く思いました。

 

SNSの更新だって

遊びや娯楽のように捉える人もいるし

仕事として運用してる人もいるし

その人の立場で全く解釈(捉え方)が異なる

 

 

そういうものなのかな?って想像を巡らせてみると良いんですけど

身内だとなかなか,それが難しい

 

 

そして

自分でやらなきゃ,事が何も進まないっていうのと

誰かが何とかしてくれるっていうのはまた違いますしね

 

そんなんで

自分の思いっきり仕事がしたい

今,私はこれをやっていきたい

こんな感じで,ここに時間と行動を注ぎたい

 

と散々伝えてますが

その度合いとか,範囲とか,時間軸とかが

2人の前提がそもそも違うと

こっちがなんかノってきた時に

え,ちょっと待ってってなることも多々。

お互いに理解し合おうというスタンスはあるのに

噛み合わない時はそもそもの前提がズレてることがあるので

「わかって欲しい」が強くなると喧嘩に発展しかねない

(今,喧嘩にエネルギー使いたくない,勿体無い)

 

 

ここは冷静に伝え方の工夫をしてみる

これこそコーチングだったり

自分の思いや考えを伝えるコミュニケーションの

技量を試す時だわ!!!!なんて思った日でした

 

 

だって自分の頭の中のことは

一旦外に出てみないと「それが何か」って意外とわからない

中身が自分と相手は違うものが詰まってるというのに

相手も同じように考えてるんだと

疑ってないとこも面白いよね

 

仕事を急いで切り上げて家に帰ると

既にご飯も食べ終わっていて

息子とゲラゲラ2人で遊んでいた

 

(だったら,もっと仕事できたじゃん!!!)

って内心思ったけど

帰ってきたら息子のテンショん爆上がりで

ママに会えて嬉しいんだよって言っていたので

電話でもっと違う伝え方はなかったのかな!!!???

 

 

パーソナルセッション

メルマガ

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 自分への問いかけの言葉を変えてみる

  2. サプリメントを摂る時に考えたい

  3. わかって欲しい気持ち

  4. 働き方を変えて変えていく。ありがとう!!

  5. 私ってこんなことする人です。(ご提供中のサービスについて)

  6. 2023年ネイルも始動開始!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。