自分を信じるってどういうこと?

自分を信じられる力って大きいです

全てを肯定しますしね

 

そして期待と信頼は違う・・・

日常の中で

ビジネス、家族との間で

よく私達がやりがちなのは「期待」

本当にやりたいのは「信頼」

期待と信頼

どっちをよくやっていますか?

この2つってものすごく混同しやすいんです

成長する、変化する過程で

手に入れたい未来があると

早くその自分に会いたいですもんね

焦る気持ちはめちゃくちゃわかる

だからカタチとなってすぐにやって来ないか

期待しちゃうんですよね

 

 

私が途中で気づいた自分への過大期待

 

早くこうなりたい

稼げるようになりたい

評価されたい

活躍したい

結果が欲しい

 

他の何かや他者に意識が働いていて

自分自身をコントロール出来ていない

自分ではなく何者かになろうと必死な時や

 

「このやり方やったのになんで結果出ない?」

「え,これに時間もお金も費やしたのに・・どうして?」

 

自分から持ち出すものが多くあったりすると

やったら直ぐにできるもんだと

期待がどんどん大きくなってくるなって・・・

 

私がよくやりがちなのは

自分に対して過大な期待をして

それができなかった時に自分を責めたり

「何がいけなかったんだろう・・?」って

原因探しをよくやってしまうんですね

 

よくよく考えたら

過大な期待をしといて出来なかった時に

なんでお前はできないんだ?とか

私の何がいけなかったのか?とか

これ自分の子供や後輩、友達にも

同じことやりますか?っていうのと同じで

 

自分をもっと大切に扱ってもいいじゃないかって

思ったんですよね・・

 

ドMなのかドSなんだか・・苦笑

 

できない自分ばっかりが露呈して

目立つようになってきて

自己評価や自己肯定が低くなる

もっともっと自分を信頼する力が弱くなる

こういうループが始まるな・・って

そうなると苦しくなるんですよね・・

 

自分を信じたいのに信じられない

そんな時はもしかして期待が大きくなっていて

それに応えられない自分を責めてしまうから

 

信頼と期待は何が違うの?

 

信頼っていうのは今はそうなってなくても

そのうちそうなるっていう前提のもと

自分を信じてあげること

自分を頼ってあげること

自分を見守ってあげること

自分に色々やらせてあげること

忠実にコツコツやることで

ちゃんとそのうち結果はついてくるよっていう

いうことだと思います

 

 

期待は他の何かを意識して

こうなって欲しいという

私自身に対してというよりも

意識が外にある状態

 

他の何かにコントロールされる力が働くというか

それで結果を取りに行く感覚でしょうか・・?

 

コツコツそのうちっていうよりも

ショートカットでより大きいものを得に行く

みたいな

 

根本はやっぱり

自分で自分のことをどう見ているか?

他人軸ではなくて自分をしっかり見て

理解してあげたて

自分との関係を良くすることが

信頼を構築していく

 

自分も無意識に期待をよくやってしまう・・苦笑

そして近くにいる旦那さんや子供にも

信頼よりも期待が大きくなってることもある

 

ここでも自分を信頼してあげれてないと

家族にも期待が働いてしまいがち

 

 

だから今できなくても成長過程の途中なんだって

自分で受け入れてあげること

そういった信頼を自分に持てるかどうか

私を大切に扱っていきましょうね

 

今回も読んでくださってありがとうございました

 

私はどうしたい?

自分のやりたいことを言語化していく

パーソナルセッションはこちら

 

自分の人生は自分で創る

メルマガ配信もしています

 

 

 



関連記事

  1. 大人が置き去りにしているものを育て直すよ「ネイルとサブウェイ…

  2. 決めてみるをやってみる。その先には恐怖?それとも豊さ?

  3. 女性性を凄く感じたネイル

  4. やり方よりもセルフイメージ

  5. 不安や心配を小さくするには「それでもどうしたいか」

  6. 「やりたいこと」「自分の本音」を見つける方法その1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。