経験の長い人こそ価値観の再定義がお薦め

5月24日 接客サービスの思考心理と言葉の力セミナー

経験と共に価値観の再定義を

最近美容業界の先輩や経歴の長い方と

話す機会があって考える課題があります

 

低単価で人数や回転を上げて稼ぐ仕事の仕方を

そろそろ辞めたい・・・

もっと価格を上げて労働時間減らして

自分の時間に余白が欲しい

 

きっと若い頃や駆け出しの時なんかは

あまりここを気にせずこれたと思う

むしろ自分の技術や経験を活かせる回数が多いということが

楽しくてもっとやりたい気持ちの方が上回っていたから

 

段々と自分の体力や気力

1日のうちに施術できる可能人数

自分が提供できるサービスの内容などなど

現実的な天井がどこかを解ってくること

施術自体が楽しいことも

とっても大事だけだけど

どこかでエネルギーが思うように循環してない

ここを感じてくるんだと思います

 

どんな喜びを感じたくてこの仕事しているのか?

何の為にやってるのか?

自分の仕事にはどんな可能性があるのか?

 

 

ここが言語化できてないと

やっぱりこなすだけの仕事になってきてしまったり

経験が浅い頃の価値観だけがそのまま残っていたり

感じてきたことを上手く言語化できずにいたり

それが価格や労働に反映されたまま

そこだけ置いてきぼりになっていないか・・?

 

自分の成長とともに価値が高まって

もし価格を上げて労働時間を減らしたら

家族との時間

学びの時間

他の何か経験をする為の時間

もっと自分を成長させる為の時間

そうやって体感を得て行くことで

また仕事に還元できることがたくさんあるはず

 

 

経験が10年以上クラスの方々とお話ししていくと

ここに疑問を持つ方が多いなと感じているのです

自分もそのうちの一人でした(数年間ずっとモヤモヤしてた)

 

自分はどうしていきたい?

 

経験が豊かな人ほど

自分の価値観のアップデート&言語化をして再確認し

それを自分の仕事・価格・働き方に反映させる

本来自分がどうしたいのか?をカタチにする作業って

めちゃくちゃ大事だよねってことを

いろんな人と話す中で確信しています

 

最近自分がお店を手放し

純粋にネイルが楽しいと再び思えたこのタイミングで

いろんな方と同じような話題になるので

あ、なんか誰かが伝えていかなきゃいけないことなのかも

もっと施術者側の価値観の再構築と価値提供を上げる

サービスを受ける方達(私達)の意識も変えていく時なのかもしれない

 

 

経験して来たからこそ伝えられることが

何かあるんじゃないかと思い始ました

 

 

回転数よりも質を上げて価格も上げる

じゃないと美容業界このままで大丈夫?って

本気で思っています

 

ネイル業界だけ見ていても

それ適正価格ですか?利益出てますか?

時給計算したらいくらになってますか?

びっくりするような状態が当たり前になってたりする

それも何年と変わらず続けている

 

適正価格をつける、自分の望む価格にする

働き方を考えてみる

結局自分のクビを苦しくしてるのは自分自身だったりする

それに気付いてる人はどれくらいいるだろうか?

気付いていてもどうしていいかわからない人はどれくらいいる?

 

わからないのは自分が大切にしたいもの

お客様にどんな未来を作ってあげたいか?

ここの価値観が定義されていないままで

身動き取れない状態になっていないでしょうか?

 

 

そして同調圧力になれると

思考停止して違和感すら湧かなくなる

 

でもこれって美容業界だけじゃなくて

日本全体の課題かもしれませんね

経済的に豊かになって行く為にも

価値に見合った値段設定を

そして購入側もその価値観を持っていたいです

 

パーソナルセッション

 

ネイルサービス

 

無料メルマガ

関連記事

  1. 今年を振り返ると心情の変化が凄い

  2. 自分の世界以外のことはことは「ない」ことになってる

  3. 前提の違いがコミュニケーションにも影響する

  4. 重要なのはわかるけど「ペルソナ」がイマイチわからない

  5. 大人女子倶楽部

  6. 症状も感情も表じゃなくて根本の主訴を見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。