劣等感や無価値観に気づいた瞬間

只今募集中のセミナー!
分子栄養学講師のまごめ先生をお呼びして
美容というキーワードから女性性に切り込む!

私が自分の劣等感や無価値観に気づいた瞬間

誕生日やお祝いごとに胸が騒つく

どんな話でどんな流れから
ここに辿りついたかはちょっと忘れたので
割愛しますけど

 

ビジネスをしっかりやって生きたい
そう思ってる時に改めて
セルフイメージを構築しなおすワークを
自分自身がやっている中で気づいたことがあります

 

自分の中に生き埋めになってる感情
なんか騒つく瞬間って
どんな出来事があったかな?って
振り返っててみたんです

 

 

そうすると私の場合は
誕生日、結婚、出産,表彰なんかの
人生におけるおめでたいこととか
お祝いの時に何故か
胸が締め付けられる感情によくありました

 

 

問いかけから
どんなことあったかな?って考えてみると
幼稚園の頃にいつもの公園で遊んでる友達の誕生日会に
自分だけ呼ばれなかった
その間1人で公園で遊んでいた記憶・・
小さいながらに
寂しくて惨めでそんな気持ちを味わった

 

 

あとは私は誕生日がお盆の真ん中なので
友達を呼んで誕生日会をするというのが
ほとんどなかったんですね

 

常にお祝いする側に回ることが多いんです
あったかもしれないんだけど
私の記憶,解釈の中ではないことになってる

大きくなっても
経済的に大変だった家では
特別なことは何もない
極普通の1日になることが多かった

 

まーいろんな感情が渦めく中で
自分の存在否定とか無価値観
劣等感みたいなものが
こういうをキッカケに色濃くなってたんだろうなー
って気づいていった感じです

 

まさか自分が!?って思ったんですが
劣等感や存在否定が
思うようにいかない現実に繋がっていましたよ

他の人にとっては全然対したことはなくても
自分にとって何か引っかかる感じ
こういうのって実はサインです

 

起きててる出来事に対して
その人がどう解釈したか捉えたか
何でここだけ色濃く残ってるのか
セッションでもここが
介入ポイントだったりもします

 

 

劣等感や存在否定が起点で
私はお祝いゴト,お祝いされることに
過度な期待が凄く膨らんでいたし
何なら自分の存在を証明したくて頑張ることになる

 

 

だから評価されないとか
自分の存在を認めてもらえないと
ショックがでかい上にさらに
そんな自分を強く認識しちゃうんですよね

 

(期待がデカいからそうなることの方が多い)

 

私はビジネスをするというのが
自分の存在を証明したい
劣等感を何かの成果で埋めたいみたいなね
そんなことに気づいちゃいました

 

ビジネスを上手く軌道に乗せたい
稼ぎたい・活躍したいって目的に
どんな前提があるのか?
そこがポイントでこの前提が現実を作る

 

よく思考は現実になるというのは
この部分を言ってると思います

 

 

自分の存在(価値)を証明したい
劣等感をどうにかしたいって前提があったので
それを脳は証明する為に
現実にはずっと「ない」状態が続いたんですね

 

あったらもうそれはしなくていい事になりますからね

 

 

じゃあ今見てる現実を変えるには?

目の前の「ない」状況をどうにかしようとするのは
対処療法だと思っています
重要なことって勿論それも対処しながら
根本の自分にとってビジネスすることは
どういうことなのか?
何の為にそれをやるのか?

 

仕事に対しての前提を再定義すること

 

根っこにある部分に介入すると
目の前に起きてることも
自分のマインドも統括して全体が変化に
繋がっていきます

 

 

ないことをどうにかするよりも
まず向き合う視点をしっかり捉えて
自分にとって〇〇とは?って定義し直す

 

それと同時に自分への信頼と取り戻す

・私は今ここに存在している

この存在を自分でしっかり感じてあげること

 

・何かを頑張らなくても私そのものに価値はある

どんな人間でも持ってる価値は対等だという事を認識する

気づいて受け入れてあげることからが始まりです

 

 

そして「ない」が出発点だったので

既に「ある」を意識するんです

そうすると「ある」現実が顔を出してきます

 

ビジネスも「ある」からスタートするので
相手から貰おうとか取ろうとか奪おうってよりも
与えよう,渡そうが根源で回り始めます

 

 

どんな起点から回り出すかで
どんな円を描き出すかイメージできますかね?

 

 

感じる感情には目的があるので
こんな感情どっかいって欲しいとか
こう思ったらダメだっていのは
ただ蓋して見ないようにしてるだけ
そこで無理やりポジティブになっても
あまり変わらないのもここにあります

 

 

問いかけからこんなにも深く
自分のしこりに気づけましたね
ハッとしました

 

私もセッションしていて嬉しいのが
このクライアントさんのハッ気づく瞬間
これは人に答えを貰うんでなくて
自分で掴み取った事になります

 

気づいたら
あとはどうしたいのか再定義していけばOKです♪

 

 

セッションでは問いかけをしていきます
自答自問から1ステージ上げて気づきを得て
前提を再定義していきますよ

 

パーソナルセッション

 

無料メルマガ

 

ネイルサービス

 

関連記事

  1. 技術の奥にある熱い物語が好き

  2. 親のようには生きたくない

  3. 自分で自分をコントロールできないと消耗する

  4. わかって欲しい気持ち

  5. 「やりたいこと」「自分の本音」を見つける方法その1

  6. ネイリストという仕事について思うこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。