「仕事」と聞いてどんな思い込みがありますか?

ご提供中のサービスはこちら

 

楽しいこと・趣味・遊び

その意図に人それそれが

どんな思い込みがあるのか・・・・

 

言葉・単語と感情の不一致さ

 

最近はまた、自分に気づくことがありまして

楽しい、面白いって感じることは私の中で

つくづく自己成長に焦点が当たるんだなと感じています

 

自分の思い描くことを形にする喜び

色んな経験をし成長していく楽しさ

その過程でいろんな人と思いや経験を共有すること

それが誰かの成長にまた繋がること

多様性に面白みを感じてワクワクすること

個人が発するメッセージを受け取ること

それをまた語り合うこと

それって一人では決して完結できなくて

さらには真剣になることで更に面白みを増していく

 

それって一言で何?!って言語化が進んできた今

それは「仕事」でした

 

私にとっては仕事は遊ぶことと同等なくらい面白いこと

実は自分の中でずっとそれが一致してませんでした

(正直びっくり)

 

どこか遊びと仕事の境界線って

きっちりあるものだと世間一般では扱っているから

なんか別物だと思っていたんですよね

 

仕事は頑張るモノ・苦しいモノ

無識にカテゴライズされていたから

 

 

思い込みに気づくのって言葉との出会いから

自分の認識してる言語と思いの不一致さって

実はよくよく聞いてみると結構あると思います

 

そういうのが自分も見えない盲点ってやつで

矛盾や違和感とか

なんかまだ腑に落ちない感覚と言うんでしょうか・・・

 

 

 

 

 

人々が良く使う「普通」って言葉って面白いですよね

100人いれば100通り違う意味合いがある

 

なので「遊ぶ」「仕事」「楽しい」「面白い」とかも

人が感じてることと自分で認識してることには違いがある

 

ここが自分の思いを一旦言語化してみる

大切だったりすることかなと感じています

 

 

大体の人は楽しいことや遊びって

どこかにお出かけしたり

飲みに行ってワイワイしたり

テーマパークに行ったり

お買い物したり

仕事の話は忘れてって言う感じが多いですよね

 

勿論それもあるんすが

私は休みとか、仕事とか線引きを

あまりしてきてない・・

 

楽しい、面白いと思うことが

世間いっぱんてにはどうやらそうじゃないらしい・・

 

「仕事」と聞いてどんな思いがありますか?

大体の人達が仕事を

頑張るモノ

我慢するモノ

苦しいモノ

妥協するモノ

何かを犠牲にする

大変なモノ

責任が伴うモノ

結構ネガティブなところに

カテゴライズしてることが多い

 

実際良く言われてきたのは

稼ぐって大変

好きなことでは食っていけない

もっと強かになさいって

仕事のオンオフとか

本当良く言われて来ました

 

こういったある一面の考え方・味方で

「そういうものだ」と認識してしまうと

ちょっと自分的には誤った認識になってしまっていて

本心とのズレが今この現実作ってんだなと実感

 

 

確かに仕事って綺麗事だけじゃなくて

泥臭いこともあるし

責任やら苦しいは伴う

頑張るシーンもある

成長するときには痛みや苦痛は伴うと思います

 

でもそれって楽しくて真剣だからこそ

それが伴うわけで

楽しいがすっぽり抜けていたら

ただのやらされてるだけの拷問に近いよね

(あ、これは私の感覚です)

 

 

おそらく大半の人はこの

やらされてる感がベースになっていて

苦しいとかのネガティブな部分だけをとり扱いがち

 

 

だから成長痛が伴わない楽しさは

私的にはあまり楽しく感じないって気づいたんです

真剣になればなるほど、乗り越える壁(成長痛)はある

 

 

大人たちは仕事の本質を

どれだけ多面的に伝えられていつだろうか?

自分の思い込みだけで伝えてないだろうか?

なんて思ったんですよね

それってどれだけの可能性に目を向けているのだろう?

 

実際に身近にいる人の影響というのは大きい

 

 

本当は仕事って楽しいんだよ

ってことをどれだけ伝えられてるか?

大きく偏った擦り込みが

洗脳のごとく大きい思い込みとして

今まであったんだな・・・と思います

なので声を出して仕事を思いっきりやりたい

って何か言えてなかったことに気づきました

 

 

どこか遠慮して、「やるべき」と必要性があるような理由を

本心とは別な言葉で並べていた気がします

なんかそれっぽく周りに合わせて目立たないように

批判されないように・・・・

自分が自分で敢えてネガティブに持って行っていたような・・

 

 

そして根底に枯渇感や欠乏感があると

さらには仕事が楽しいことからどんどん遠くなる

 

 

同じ女性で仕事が大好き

仕事のご褒美は仕事

って堂々公言してる人に出会い

なんかすごく軽くなったというか

自分の好きなこと、こんなことがしたいって思いは

堂々と言おう!!!

誰に何の許可を得ようとしてるんだろう???

なんて1つのキッカっけから伏線回収が起きた瞬間でした

 

面白いこと・好きなことを真剣に

それを誰かと分かち合う

切磋琢磨して素敵なことを創っていく

 

私はここを味わうのが好きだ

 

なのでたくさんの人の可能性に

そして真剣に取り組む姿に心打たれて

一緒に変化に立ち会っていきたい

 

改めて仕事が好きです

 

そして同じように仕事が好き

楽しいそれを還元していきたい

そんな仲間を増やしたい

 

お試しセッションも受付中

あなたの思い聞かせてくださいね

 

パーソナルセッション

 

メルマガはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 新型コロナウイルスによる営業に関しまして

  2. 自分の8年間のビジネスの振り返り

  3. 稼ぐこと働くことについて考え見る

  4. 前提の違いがコミュニケーションにも影響する

  5. ピンチをピンチのままにしない

  6. PCMセミナーを受けて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。